ホワイトニングには複数の種類があることを知っておこう

歯は綺麗で白く見せたいもの

毎日歯磨きを行っていても、日々の食事や加齢、喫煙などと様々な理由で歯に汚れが付着してしまいます。そして、歯磨きでその汚れを落としたとしても、着色してついてしまった色を自分自身で完全に落とし切ることは難しいといわれています。歯科ではそういった悩みを解決するため、「ホワイトニング施術」と呼ばれる歯を綺麗にする方法をおこないます。

ホワイトニングには種類がある

ホワイトニングには大きく分けて4種類の方法があります。それぞれに効果が異なってきます。短時間で行うことができる「オフィスホワイトニング」や自宅で行なうことができる「ホームホワイトニング」など、その人に合った方法を歯科医院が丁寧に説明してくれます。また、方法によって料金も変わってきます。

効果内容によっては通院が必要

ホワイトニングは短時間で歯を白くしたり、歯の白さを持続させたりと様々な効果があります。その効果に合わせて施術方法を選ぶために、効果の内容によっては1日で完了せず、複数回の通院が必要になってきます。しかし、その分白さが継続する期間も長く、自然な白さを作り出すことができます。

ホワイトニングはなかなか予約が取れない

ホワイトニング施術は、虫歯治療や定期診断などと違い、施術時間が長く設定されています。そのため、ホワイトニングを希望する人が多かったり、その時の歯科医院の予約状況によっては、予約を取れない場合もあります。人気の高い医院になると予約が取れても何日待ち、何週間待ちなどもあるため、注意が必要です。

ホワイトニングの流れを知っておこう

歯科医院へ予約を入れる

まずはホワイトニングをお願いする歯科医院へ事前予約を入れます。この時にWeb予約が可能な医院であれば、スケジュールを提示してくれていることがあるため、スムーズに予約を取ることが可能です。

当日来院でカウンセリング

来院したらまずはカウンセリングをおこなう必要があります。どういった白さを希望するのか、どれくらいの期間でおこなうのかなどをきちんと話し合い、ホワイトニングをおこなっても大丈夫かを確認する必要があります。

クリーニングを行う

ホワイトニングが可能と判断されれば、まずは歯のクリーニングを行います。歯の表面やすき間などに残っている汚れを綺麗に取り除くことで、ホワイトニングの薬品などをきちんと歯へ浸透させる役割があります。また、表面に細かな傷がある際には、この段階で整えることもあります。

ホワイトニング開始

ホワイトニングでは短期間で歯を白くさせたい、白い歯を継続させたいなどの細かな要望に応えられるように、薬品を使って強めのライトを当てることで白くする方法や、マウスピースにホワイトニング薬品をしみ込ませて、歯にはめることで浸透させるなど様々な方法を用いて施術が行われます。

ホワイトニングの効果期間を聞いておこう

ホワイトニングは施術方法で白さの継続期間が違います。そのため、継続期間がすぎると再度来院して、ホワイトニングを行う必要もあるため、きちんと期間を調べ、ホワイトニングのタイミングを知っておきましょう。

ホワイトニングの知識をきちんと知っておこう

ホワイトニングには歯科医院で施術を行う以外にも、市販薬を利用して自分で行う方法もあります。しかし、きちんと知識を知っておかないと思っていた白さにならなかったり、間違った使い方で歯や歯茎を傷付けてしまう可能性もあります。

広告募集中