本物に近い義歯をインプラント治療で実現しよう

インプラントは金属アレルギーを持っていても利用できる

本物に近い義歯をインプラント治療で実現しよう

失った歯を作り上げる技術

歯は一度抜けてしまうと、二度と生えてこないといわれています。そのため、失った歯を補うために義歯を利用している人は多くいます。そんな義歯を作る方法において、本物の歯に近い義歯を作り上げるといわれているのが「インプラント治療」になります。人工的に作られた歯根を埋め込み、そこに義歯を被せることで本物の歯と同じ力を加えても、違和感や痛みを覚えること無く利用することができます。

既存する歯への負担が少ない

今まで作られていた義歯は、左右の歯を支えに作られるものや既存の歯が残っていない場合に作られるものなど様々です。この時に義歯を綺麗にはめるため、健康な歯を削ったり、やむなく抜歯しなくてはいけない場合などがありますが、インプラントではそういった対応がされない場合が多いです。その大きな理由が、人工で作られる歯根を顎に埋め込むためです。そうすることで、他の歯を支えにする必要がなく、またそのサイズに合わせて義歯を作ることが可能になります。

金属アレルギーを持ってても安心

顎に人工歯根を埋め込むといわれるとどうしても考えてしまうのが、金属製の器具なのではないかという点になります。金属ではアレルギーを引き起こしてしまうことがあるため、インプラント治療では「チタン製」や「ジルコニア」などの器具が使われます。そうすることで、金属アレルギーを持っている人でも安心して治療を受けることができます。

インプラント治療は自由診療

インプラントは1本につき約30万から40万ほどの費用がかかるといわれています。その上、インプラント治療は「自由治療」と呼ばれる部類になるため、医療保険が適用外になります。そのため、全額自己負担での治療となります。また、使われる素材によっては費用が前後してしまうこともあるため、きちんと調べてから治療を行うことが大切です。

歯科で作成できる義歯を比較してみよう

インプラント

既存する歯と変わらず、また食事の際に外れたりずれることがないため、違和感はあまりないとされています。治療期間がブリッジなどと比べると長めで料金も高額ではありますが、約30年も使い続けられるといわれています。

ブリッジ

失った歯の両サイドにある歯を支えにして、橋をかけるように義歯をはめるのがブリッジになります。食事の際の違和感などは支えになっている歯の健康状態で変わるといわれています。また、治療期間が約2週間で最短で2回の受診で治療が終わるケースもあります。

広告募集中